聖光学院入試と2015年以降の社会の試験傾向

聖光学院中学の入学試験の詳細
聖光学院中学の入学試験は国語や社会等、小学校で履修す主要4科目です。試験の科目別の時間と配点は、国語と算数が60分で150点満点、理科と社会が40分で100点満点となっています。
聖光学院中学の2015年度以降の社会の試験における傾向の変化
この中学校の社会の入学試験では歴史の試験は日本史からの出題が多かったですが、2015年度の社会の試験では、キリスト教の教えに基づいた教育を行っているからか、キリスト教の歴史に関する知識を深く追求している傾向があります。2015年度は従来通りの日本史からの出題もありましたが、キリスト教に関する内容に難問が紛れていた様です。社会の問題は4つの大問に分けて出題され、歴史、公民、地理の中でまんべんなく出題されていましたが、2015年度からは地理と公民から重点的に問題を出す傾向が強くなっています。
聖光学院中学の社会の試験を攻略するには
公民では国内の政治や経済等、新聞やテレビニュースで話題になっている内容が出題される傾向が多いです。ただ、国内ニュースの話題だけでなく、世界情勢に関する内容が出題される事もある為、日頃からあらゆる媒体でニュースに触れておく事が重要です。