聖光学院中学の2013年の社会の試験の傾向

聖光学院中学の社会の試験の傾向
聖光学院中学の過去問題を参照すると、時事・公民・歴史・地理から幅広く出題される上、各単元の混合問題が多いのが特徴です。なお、試験の制限時間は40分で100点満点となります。

聖光学院中学の2013年の社会の試験の概要
2013年の聖光学院中学の社会の試験は、大問が4問出題されました。大問1は歴史に関する問題で、大問2は時事と歴史に関する問題、大問3は地理と公民の複合問題、大問4は地理の問題となりました。

聖光学院中学の2013年の社会の試験の大問1の傾向
大問1は稲作の話をベースとした歴史の問題となっています。設問文が長いため問いを読みながら設問文を読むのが良い方法です。聖光学院中学の歴史の出題は設問文が長い傾向にあります。

聖光学院中学の2013年の社会の試験の大問2の傾向
大問2は時事と歴史に関する問題で、主に食物がテーマとなっています。近年の牛の管理方法や農産物の生産者が表示されるようになった背景など、最近の時事ネタなどもテーマートなっています。

聖光学院中学の2013年の社会の試験の大問3の傾向
大問3では聖光学院中学の修学旅行の話から始まり、世界遺産の話にまで広がる地理と公民の複合問題となっています。

聖光学院中学の2013年の社会の試験の大問4の傾向
大問4は中国・四国地方についての特産品や田畑の面積などの出題が行われています。